2009年04月17日

上司へ

「いい商品です。」「すごくお客様に満足していただいた」「本当にいい」これらの抽象的な言葉はビジネスの中では禁句です。
相手に真意も伝わりませんし、私はこの営業マンできないな〜とまで感じます。
上司であればなお更イライラすることでしょう。

営業報告の際に
「本日はどこどこを何件、どのように訪問し、こういう仮説でアプローチし、何件見込みのお客様が見つかり、次回はこうしたい」など
過去、現在、未来の時系列を混ぜ、かつ具体的に話すことが重要です。




posted by akimman at 23:31| Comment(0) | 営業報告方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。